働き方の変化への対応策

男女

社会の変化とともに、働き方も大きく変わりました。それに伴って貸事務所やコワーキングスペースといった賃貸料を支払えば誰でも借りることができる仕事場のニーズが高まっています。確かに、在宅でも勤務ができないわけではありません。しかしながら、在宅勤務が増えたことによって生活リズムが少し狂ってしまったという社会人も少なくないようです。そうしたことへの対策から、会社側が貸事務所などのワーキングスペースを一定数借り上げて、社員であれば誰でも自由に利用することができる環境を整えるところが増えてきました。コワーキングスペースに比べると貸事務所はセキュリティがしっかりしています。

自宅ではない第三の仕事場

ビルの模型とお札

自宅で在宅勤務をしている人の割合も増えています。しかし、自宅ではいまいち調子が出ないので、自宅でもない会社でもない、第三の仕事場を必要とする人が増加傾向にあります。そうした社会的なニーズに応えるためにサービスの提供が強化されているのは、貸事務所です。貸事務所と言っても個人が利用することができる仕事場であり、自宅とは別の空間になります。こうした第三の仕事場を持つ人は増えていて、企業によっては補助費を支払うところも出てきているようです。自宅では家族がいるので仕事がしにくいという理由や、なんとなく家ではやる気がでないといった理由から、賃貸事務所を必要とする人はここ最近で増加傾向にあることがわかってきました。

個人事業主の利用が増えている

オフィス

法人格を持つ個人事業主が賃貸事務所を契約するケースもあります。個人事業主ということもあり、経費で貸事務所を利用することが可能です。自宅を事務所にするよりも、比較的手頃な価格でレンタルすることができる貸事務所を置くことで、事務的な手続きが進めやすくなります。近頃はクリエイターなど個人事業主として副業をする人も増えているため、こうした貸事務所を活用とするケースが目立ちます。貸事務所にはオプションをつけることができます。秘書の派遣サービスなども実施しているので、電話番を置いたり、郵便物の受け取りなどが必要な場合には、オプションを付けることで対応可能です。また、レンタルオフィスには、契約者のみが利用できる会議室やOA機器のオプション利用ができるサービスも充実しています。利用頻度が少なければ共有スペースを活用すれば良く、また、利用頻度が高いと判断した場合には、その都度、オプションサービスの見直しをすれば良いです。

マンション

広告募集中